スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蕎麦と地酒 木綿花(ゆうはな)』 山形市東青田

今日は、「この前、混んでて行けなかった店に行きたい」と言うKちゃんと
山形市東青田三丁目にある「蕎麦と地酒 木綿花(ゆうはな)」で食事をしてきました。

木綿花 外観

木綿花 入口


店内に入ると、右側には広い座敷があるのですが

木綿花 店内1

木綿花 店内2


今日は、左手にある小さめの部屋に案内されました。

こちらの部屋には、庵を囲むように8人が座れる場所と
2人掛けのテーブルが1卓あります。

古民家をリフォームしたような感じで、とても落ち着きのある店内となっています。

木綿花 店内3

木綿花 店内4

木綿花 メニュー等


さて、メニューはこちら。
日本酒の種類が多いのにビックリです
(写真クリックで拡大します)

木綿花 メニュー1

木綿花 メニュー2

木綿花 メニュー3

木綿花 メニュー4

木綿花 メニュー5


天ぷらを食べたかったtigger は「板ゲソ」の大盛り。
Kちゃんは「揚げなすおろしそば」を注文です。

待つこと5分ぐらいで、ちょっとしたハプニングが
店員さんがやって来て、「なす」が無くなったため、
「揚げなすおろしそば」ができなくなったとのこと

これって、注文を受けるときに分かってないと駄目ですよね

突然言われて迷った挙句、結局Kちゃんは「板ゲソ」に。
なんか、Kちゃん可哀想です。


で、更に待つこと20分ぐらいで薬味が運ばれてきました。

木綿花 薬味


箸休めの「漬物」と

木綿花 漬物


「薬味」の「ネギ」と「山葵」。

「ネギ」は白い部分のみを使用。
「山葵」は、嬉しい「本山葵」です

木綿花 山葵


「板ゲソ」はこちら。
手前が「大盛り」で、奥が「普通盛り」です。

木綿花 板ゲソ 比較1


角度を変えて、もう一枚(パチリ)
「大盛り」と「普通盛り」の違い、分かりますかね?

木綿花 板ゲソ 比較2


ちょっと分かりにくいので、真上から

こちらが「普通盛り」

木綿花 板ゲソ 普通盛り


こちらが「大盛り」です。
今度は違いが分かりますよね。

木綿花 板ゲソ 大盛り


「板ゲソ」の「ゲソ、野菜天」はこちら。

木綿花 板ゲソ 天ぷら


と、ここで第2のハプニングが
「天ぷら」が1つしか来ないので不思議に思っていると、
tigger の注文が、「板そば」の大盛りになっているとのこと。
すぐに「天ぷら」を準備してくれましたが・・・。

お昼で忙しいのは分かりますが、だいぶマイナスですね


気を取り直して、それでは、早速いただきま~す。

「そば」は細めで、茹で加減は、若干固め。
「つゆ」は、ダシが効いていて、甘みが少なく、
tigger の好きな感じです。

「天ぷら」は、「ゲソ」と「インゲン」と「山菜」です。
揚げたての天ぷらは、柔らかくて美味しいです。

木綿花 板ゲソ 天ぷらアップ


JR山形駅からは、約4.5km、車で15分ぐらいだと思います。
駐車場は店の前に8台、店の斜め向かいに第2駐車場があり、
こちらは3台停められます。

木綿花 駐車場看板


●住所:山形県山形市東青田三丁目8番36号 場所はこちら 
●電話:023-642-6766
●定休日:月曜日(祝日の場合、翌日休業)
●営業時間:昼)午前11時30分から午後3時まで
       夜)午後6時から午後9時まで

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

なすじゃないよ

無くなってたのは「おろし」。
揚げ茄子おろしそば・・・残念だったな・・・
でも、お蕎麦と蕎麦つゆは美味しかったね。
Kちゃんは味は好きでした。
プロフィール

tigger

Author:tigger
tiggerに似ているらしいのですが・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
601位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
239位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。