スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『たん吉』 山形市香澄町

今日は、「ここのお店行ったことがない」と言うKちゃんと
山形市香澄町一丁目にある「たん吉」で食事をして来ました。

こちらのお店は、37年前からこの場所で営業している
たん焼きの老舗ですが、tiggerも今回が初めてです。

山形市は今日の朝から雪が降り始め、夜には結構積っています。
昨日までは全く雪がなかったので、ホワイトクリスマスはいいのですが
それにしても、ちょっと降りすぎ

たん吉 外観1

たん吉 外観2


寒いのでさっそく店内に入ると、お店の中はカウンター10席のほか
小上がりには4人掛けのテーブルが2卓。

お店の方からは、小上がりに案内されたのですが
ブーツを脱ぎたくなかったKちゃんは「カウンターがいい」と主張。

結局カウンターに落ち着くことにしました。

たん吉 店内1

たん吉 店内2


さて、メニューはと言うと「たん焼き」を筆頭に
こんな感じ。「たん焼き」専門店なのでメニューが少ないのは
あたりまえですね。

今日は「たん焼き」と「たん煮込」「テールスープ」
「焼おにぎり」注文しました。
(写真クリックでアップします)

たん吉 メニュー


「お通し」は「厚揚げ」を煮たものと「漬物」の2品。
「厚揚げ」は味が濃いのですが、美味しいです。

たん吉 お通し


「漬物」は山形名物の「青菜(せいさい)漬け」と「温海かぶ」。

「温海かぶ」は「赤かぶ」を酢漬けにしたもので、
表面の赤い色素が中まで浸透して、全体が赤くなっています。

たん吉 お通し(漬物)


カウンターの中では、お母さんが「たん焼き」を
焼いています。炭火で焼いている「たん」が美味しそうですね。

ちなみに「焼おにぎり」も同じように焼いていました。

たん吉 たん焼き(焼いているところ)


そして、こちらが「たん焼き」の完成品(1人前)。
「おろしにんにく」はお好みで。

たん吉 たん焼き


焼きたての「たん焼き」。美味しそうですね
まずは、一口。
う~ん。すごく脂に甘みがあります。
噛めば噛むほど、肉の旨みが口に広がります。

たん吉 たん焼き アップ


「焼おにぎり」はこんな感じ。
「味噌」と「しょうゆ」から選べたのですが
今日は「しょうゆ」です。

たん吉 焼おにぎり


表面の焦げ加減が食欲をそそります。

たん吉 焼おにぎり アップ


「たん煮込」は豆腐がとっても大きいです。

たん吉 たん煮込1


「ネギ」もたっぷりと乗っており、ボリュームがあります。
スープもとっても澄んでいます。

たん吉 たん煮込2


使っているお肉は、牛タンの先の部分だそうです。
先の部分は、焼くと硬くなってあまり美味しくないので
煮込みにしているとか。

たん吉 たん煮込 アップ


「テールスープ」は、こんな感じ。

たん吉 テールスープ


こちらのお店は「テール」のみを使っている
本物の「テールスープ」です。

身体が温まるので、寒い日にはいいですね

たん吉 テールスープ アップ

クリスマスイブだと言うのに、なぜか「牛たん」でしたが
とっても美味しかったです

JR山形駅からは約0.3km、徒歩で3分ぐらい。
店には駐車場がありませんので、お車でいらっしゃる方は近くの有料駐車場を
ご利用ください。

●住所:山形県山形市香澄町一丁目14番5号 場所はこちら
●電話:023-641-8470
●定休日:日曜日(祝日は営業。ただし日曜日を含んで連休となる場合は
      日曜日に営業し、連休最後の日に休むそうです)
●営業時間:午後5時から午後10時まで

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tigger

Author:tigger
tiggerに似ているらしいのですが・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
248位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。